利尿剤ダイクロトライドの商品効果内容・副作用紹介

sheet10

ダイクロトライド錠は、体内のナトリウムの量を減らし、循環する血液量を減少させることで血圧を下げる効果があります。

ダイクロトライド錠の有効成分はヒドロクロロアイアジドです。血圧を下げることで心臓への負担が減り、結果として他の病気を改善、予防する効果が期待できます。

高血圧症、悪性高血圧、心性浮腫、腎性、肝性および薬剤の副腎皮質ホルモンやフェニルブタゾンによるむくみ、月経前緊張症などの治療に効果があります。


服用方法

ダイクロトライド錠の使い方は、1日1~2回の服用で、高血圧症に使う時は徐々に増やす事が求められています。

悪性高血圧症に使う時は他の降圧剤と併用する事があります。

副作用

ダイクロトライド錠の副作用として、めまい、ふらつき、脱水、ナトリウム欠乏などがあります。

いずれも症状も副作用も個人差があります。

副作用も出る人もいれば、出ない人も多くいます。

副作用があまりにも重症だった場合は、服用を一時中止してかかりつけの医師に相談してください。

注意点として利尿効果が急激に現れる事があり電解質失調、脱水に注意が必要です。

少量から服用し徐々に増やす事が推奨されています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ